三国覇王戦記 攻略Wiki - ゲーマーWiki
 

【三国覇王戦記】半周年記念イベント

公開日:2020/09/18 最終更新日:2020/09/25
ライター:ゆきとむし

『三国覇王戦記~乱世の系譜~』における、半周年記念イベントついてまとめた記事です。半周年記念イベントとは何か、半周年記念イベントの特典情報をまとめました。ぜひ攻略の参考にしてください!

半周年記念イベントとは

ログインするだけで豪華報酬を獲得できる! 

半周年記念イベントとは、イベント期間中に『三国覇王戦記』へログイン、各種任務をクリアすることで、豪華報酬を獲得できます。特別なことをする必要はないため、全ユーザーが恩恵を受けられます。

日数が経つごとに、徐々にイベントが追加されていきます。

イベント期間
9月22日(土)~9月28日(金)

半周年記念イベント一覧

荊州争奪戦

イベント期間中、荊州争奪戦に参加することで専用の戦場に派遣され、3陣営のいずれかへランダムに加入します。戦場の建築物を占領し、獲得したポイントで順位が決定します。

官渡の戦いに近いイベントですが、3陣営で争うことから、どの陣営を狙うかが勝敗を分けるポイントです。

イベント開催期間 9月27日(木)~9月28日(金)
マッチング時間 13:00~14:00
19:00~20:00
荊州争奪戦攻略

鉄衣軍包囲討伐

イベント期間中、ランダムな座標に出現する鉄衣軍を攻撃して勝利することで、報酬を獲得できます。早いもの勝ちなので、鉄衣軍の出現に合わせて周囲に城塞を建造すると、攻撃できる可能性が高まります。

劉表許諸は城塞の建造速度を早めてくれるため、建造に派遣することで、イベント開始までに建造を完了させることができます。また、勝利するごとに報酬を獲得できるため、複数部隊の運用も効果的です。

攻撃回数が増えるごとに鉄衣軍は強力になり、レベル5の鉄衣軍は進度が進むと、10万以上の兵力を有しています。損害が大きくなれば報酬と釣り合わなくなるため、自身の戦力と見比べて挑戦しましょう。

宝物地図獲得

ログイン日数によって報酬が変わります。ログイン7日目に到達すると、橙ランク武将を大幅に強化できる、縁結宝物を入手することができます。

イベント期間中は毎日ログインして、報酬をすべて獲得しましょう。

日数 報酬
1日目 10万糧秣×5
2日目 10万金銭×5
3日目 100元宝
4日目 ランダム紫色宝物
5日目 10万鉄鉱×5
6日目 200元宝
7日目 縁結宝の地図

天道報酬

任務をクリアすると褒章を獲得でき、褒章が一定数に到達すると、勤労宝箱を獲得できます。アイテムの詰め合わせで、デイリー任務と並行して進めることで簡単にクリア可能です。

親密度アイテムの使用がもっとも獲得しやすいため、都市になるべく多くの武将を派遣して、親密度アイテムを獲得しましょう。都市がなくとも、NPC狩りでも褒章を多く獲得可能です。

宝箱種類 内訳
初級勤労宝箱 各資源×5万
天賦経験書×1
ランダム親密度道具×2
元宝×20
中級勤労宝箱 各資源×8万
天賦経験書×2
ランダム親密度道具×5
元宝×50
高級勤労宝箱 各資源×10万
天賦経験書×3
ランダム親密度道具×8
元宝×100
珍宝鑑×1200
最高級勤労宝箱 各資源×12万
天賦経験書×4
ランダム親密度道具×13
元宝×150
珍宝鑑×1600
超級勤労宝箱 各資源×15万
天賦経験書×5
ランダム親密度道具×18
元宝×200
珍宝鑑×2000
任務リスト 獲得褒章
忠誠度100点増加 3
親密経験500点増加 3
主城商店で1回アイテム購入 2
連盟商店で1回アイテム購入 2
商船と宝物1回交換 5
洗練で珍宝鑑を810個使用 5
探宝1回完了 3
探訪1回完了 3
1000兵士を召募 5
1000兵士を治療 3
匪賊を1回撃破 2
黄巾を1回撃破 2
流賊を1回撃破 4
南蛮を1回撃破 5
鉄鉱を200000採掘または強奪 5
城市取引1回完了 5
市場取引1回完了 2
連盟策略研究1回完了 3

毎日限定ギフト

イベント期間中、14:00~15:00、19:00~20:00の間に開くボタンを押すと、ランダムで元宝を獲得できます。無料で参加可能ながら、最大888元宝を獲得できます。期間中は忘れずに入手しましょう。

イベントまとめ

『三国覇王戦記』のおすすめ記事まとめ

探訪のコツ 初心者攻略ガイド
無課金攻略 おすすめ武将ランキング

コメント

コメント投稿の前に利用規約の確認をお願いいたします。

攻略メニュー
攻略情報
イベント情報
官渡の戦い
システム関連
武将情報
建築関連
NPC
基金関連
ゲーム権利表記
  • ©Six Waves Inc. All Rights Reserved


トップへ


コメント