三国覇王戦記 攻略Wiki - ゲーマーWiki
 

【三国覇王戦記】戦闘令牌

公開日:2020/09/18 最終更新日:2020/09/25
ライター:ゆきとむし

『三国覇王戦記~乱世の系譜~』の機能である、戦闘令牌について説明しています。戦闘令牌の報酬と詳細をまとめましたので、ぜひ攻略の参考にしてください。

戦闘令牌とは

名望レベルを上げて報酬を獲得する機能

戦闘令牌は、数ヶ月おきに開始される長期間のイベントです。プレイヤーは毎日指定される任務をクリアして名望値を獲得し、期間中に名望レベルを上げていきます。名望レベルが上がるごとに、対応する報酬を獲得できます。戦闘令牌は宮城レベルが一定の値に達するとイベント期間中にポップアップします。

令牌を購入して豪華報酬を獲得

戦闘令牌は通常の状態だと各種資源が手に入るに留まるイベントですが、ギフト券で令牌を購入するとフレームや主城外観をはじめとした追加の報酬を獲得できるようになります。令牌には初級、中級、高級の3種類のグレードがあり、より購入な令牌ほど大きな特典がついてきます。

令牌の種類 必要ギフト券 特典
初級戦闘令牌 298 追加報酬受取可能
中級戦闘令牌 680 追加報酬受取可能
2倍の名望値が獲得可能
発効期間中、愛の恵み購入割引
高級戦闘令牌 1680 追加報酬受取可能
2倍の名望値が獲得可能
発効期間中、愛の恵み購入割引
名望レベルが50からスタート

なお、令牌で受取可能になる追加報酬の内容自体に差異はありません。

戦闘令牌で主に入手できる報酬

以下は戦闘令牌で獲得可能なアイテム一覧です。親密度上昇アイテムから下に記載したものは令牌を購入することで獲得できるアイテム群となっています。

報酬
糧秣、金銭、鉄鉱の各種資源
親密度上昇アイテム
名帖(戦闘令牌の月旦春秋で使用)
軍旗強化アイテム
縁結宝物欠片
八卦交換券(戦闘令牌の月旦春秋で使用)

戦闘令牌の進め方

任務達成と名望レベルの報酬獲得

画面内「プレゼント」の宝箱アイコンから「戦闘令牌」アイコンをタップします。

画面上部のタブ「任務」をタップし、リスト化された任務をこなしていきます。

任務をクリアすると名望レベルが上昇し、報酬が獲得できるようになります。

令牌購入時の報酬獲得について

なお、報酬画面は左右に分かれており、左の列が令牌購入を行なわなかった場合の報酬、右側が令牌購入を行なった場合の報酬です。令牌を購入すると、右列の鍵アイコンが外れて、達成済み名望レベルの報酬を獲得できます。

名望値の獲得量について

任務達成による名望値の獲得量には上限が定められています。上限まで獲得するにはほとんどの任務を達成する必要があるため、困難な内容を日付け変更前に残しておくと最大量を獲得しにくくなります。

なお、令牌を購入している場合は前日に獲得できなかった分の名望値や追加の名望値を元宝で購入可能です。これにより、任務の達成状況が良くない場合でも名望レベルを上げて報酬アイテムを目指すことができます。

戦闘令牌の特徴

戦闘令牌の期間中は、様々な報酬に加え、訪問武将や伝説縁結宝物を獲得するチャンスもあります。いずれも本来の手段で獲得する場合は膨大な時間または金銭的なコストがかかりますが、戦闘令牌機能を活用することで取り逃していた内容の獲得を狙うことができます。

月旦春秋(訪問武将の獲得)

戦闘令牌で獲得できるアイテム「名帖」を1回消費するごとにランダムにアイテムまたは、低確率で訪問武将を獲得することができます。獲得できる訪問武将は事前に1人だけ選択可能なので、まだ持っていない訪問武将を選んでゲットを狙いましょう。また、選べる訪問武将は季節ごとに異なります。
なお、名帖を一定数使うことで確実に訪問武将を獲得可能で、獲得済みの訪問武将の場合は武将魂を選ぶことができるようになります。

八卦の祈り(伝説縁結宝物欠片の獲得)

戦闘令牌で獲得できるアイテム八卦交換券を1回消費するごとに「伝説縁結宝物欠片」もしくは「戦闘令牌名望レベル上昇アイテム」をランダムに獲得することができます。運が良ければ伝説縁結宝物欠片が手に入り、外れても名望レベルが上がって次の報酬に繋がります。

戦闘令牌のポイント

イベント任務は必ずチェック

戦闘令牌の任務には、その時々で同時に開催されているイベントと連動した内容もあります。イベント任務は得点獲得や攻撃回数など様々なので、出来るだけ多くを達成するようにしたいです。

コメント

コメント投稿の前に利用規約の確認をお願いいたします。

攻略メニュー
攻略情報
イベント情報
官渡の戦い
システム関連
武将情報
建築関連
NPC
基金関連
ゲーム権利表記
  • ©Six Waves Inc. All Rights Reserved


トップへ


コメント