三国覇王戦記 攻略Wiki - ゲーマーWiki
 

【三国覇王戦記】城塞戦攻略

公開日:2020/09/18 最終更新日:2020/09/25
ライター:ゆきとむし

『三国覇王戦記~乱世の系譜~』における、城塞戦攻略についてまとめた記事です。城塞の詳細と、城塞戦の立ち回り方をまとめました。ぜひ攻略の参考にしてください!

城塞戦攻略|城塞の特徴

城塞は城防値が0になると破壊される

城塞は城防値、兵士上限が主城に比べて低く設定されています。城防値が0になると破壊されるため、城防値が低いと戦車による攻撃で破壊されやすくなります。兵士では戦車のみ、城防値を0にすることができます。

城防値は堡塁の研究を完了させることで、増加させることができます。敵の攻撃に耐えた場合、城塞に配置されている武将で築造すると、城防値を回復させることができます。

城塞について

兵士上限は主城より少ない

城塞は駐屯兵の研究を進めることで、駐屯できる兵士上限を上げることができます。ただし、主城と比較すると駐屯できる兵士は少なめです。

城郭研究は資源も多く必要になるため疎かになりがちですが、2部隊分の兵力は用意できるように、最低限研究は完了させておきましょう。

研究の進め方

輸送の際は武将+兵士が基本

城塞へ輸送する際、武将と兵士がセットになることで、はじめて出征できます。武将、兵士の輸送忘れに注意しましょう。輸送時間は、研究の輸送速度、季節、行軍速度、輸送中の兵種割合で異なります。

また武将のみで派遣すると、到着に大きく時間がかかります。騎兵1以上と武将をセットにして輸送開始することで、輸送にかかる時間を大幅に短縮できます。

城塞戦攻略|城塞建造のコツ

城塞は密集して建造する

城塞を密集して建造することで、城塞間の救援、集結攻撃の効率が良くなります。この建造方法を城塞コロニーと呼びます。建造地点の中心部に連盟建築物の狼煙台を建てると、行軍速度が上昇します。

なお城塞の建造条件は、建造する土地レベルを占領したことがあり、プレイヤーの主城周囲6マス以外であることが条件です。条件を満たしていれば、兵士1、武将は主将配置のみで建造できます。

城塞コロニーは複数箇所に建造も有効

城塞を1ヶ所に集中して建造することも有効ですが、所有都市周りなど、各地に城塞コロニーを建造すると、輸送を駆使して広範囲を攻撃、防衛することができます。

攻めに利用したい場合は、あえて目につきやすい場所へ城塞コロニーを建造し、本命の城塞コロニーを別途建造するなど、陽動にも利用できます。

進軍を悟られにくい場所に建造する

城塞の建造は、研究や建造速度を早める武将スキルを持つ武将を派遣しても2時間前後かかります。そのため、攻略目標のすぐ近くに建造すると攻撃、破壊されてしまう恐れがあります。

距離を取りすぎてしまうと攻める時間が長くなるため、黄巾残党狩りなどで目につきにくい、攻略目標から200里~300里程度の場所に建造すると、発見を遅らせる可能性が高まります。

黄巾残党について

城塞建造中でも輸送は可能

城塞は建造中だと出征地点に設定できませんが、輸送で兵士を上限まで配置することは可能です。建造中でも兵士を最大まで配置することで、敵の破壊行動を抑制することができます。

集結攻撃がきた場合は城塞の兵力では対応困難なので、兵士を逃がすことを検討します。なお、城塞に兵士が0で武将のみいる場合、敗北しても武将は捕虜になりません。

敵陣営の城塞コロニーを発見したら完成前に破壊

敵陣営の城塞コロニーを発見したら、戦車を編成して即座に破壊します。騎兵と戦車を組み合わせることで、騎兵が戦車の行軍速度の遅さを補ってくれます。

集結攻撃で城塞に攻撃を仕掛ければ、余程戦車が不足していない限り、一撃で破壊可能です。負傷を覚悟するなら、集結なしで戦車込みの編成で攻撃すると、もっとも早く城塞を破壊可能です。

野外拠点を有効活用

野外拠点は都市周りに配置されており、占領することで城塞と同様に利用することができます。建造の必要がなく、占領後兵士と武将を輸送することで、即座に攻撃、救援をすることができます。

野外拠点は策略の対象外なので、連盟策略の伏兵など、強力な攻撃を未然に防ぐメリットもあります。野外拠点の開放には、戦車を編成して城防値を0にする、放棄、占領後3時間経過が条件です。

戦争攻略まとめ

『三国覇王戦記』のおすすめ記事まとめ

探訪のコツ 初心者攻略ガイド
無課金攻略 おすすめ武将ランキング

コメント

コメント投稿の前に利用規約の確認をお願いいたします。

攻略メニュー
攻略情報
イベント情報
官渡の戦い
システム関連
武将情報
建築関連
NPC
基金関連
ゲーム権利表記
  • ©Six Waves Inc. All Rights Reserved


トップへ


コメント