【公認】三国覇王戦記 攻略Wiki - ゲーマーWiki
 
本Wikiは6wavesからの依頼をもとに運営を行っています。

【三国覇王戦記】玄甘寧(げんかんねい)(橙ランク)のステータスと評価

公開日:2024/02/02 最終更新日:2024/06/07
ライター:管理者
コメント (0)

『三国覇王戦記~乱世の系譜~』に登場する武将「玄甘寧」についてまとめています。玄甘寧のステータスやスキルをまとめましたので、ぜひ攻略の参考にしてください!

玄甘寧のステータス

玄甘寧

ランク CV
ランクアップなし
統率武力魅力知性政治
9097857670

玄甘寧の縁結武将

武将効果
黄祖壮志難酬:全軍兵士の連撃が2.5%アップ
緋色の茶壺宝物縁結:玄甘寧統率+10、【遊鈴】スキルが追加で0.6%、【錦紗】スキルが追加で0.4%

玄甘寧のスキル

スキル名効果
遊鈴
(覚醒後)
属する陣が毎回の交戦前に、味方の戦前攻撃力を編成時の攻撃力×5%アップさせる(集結時は同じ陣で累加可能。交戦のたびに増加する攻撃力は毎回10%を超えず、100ptを超えない。今回の戦闘の累計は60%を超えず、600ptを超えない。毎回増加する攻撃力は累加でき、戦闘終了まで持続する)
錦紗
(覚醒後)
属する陣の戦闘時、味方の一兵種の比率が20%に達するたび、味方兵士の貫通抵抗が編成時の貫通抵抗×4%アップ。(集結による累加は不可。効果が最も高いもののみ有効)
錦帆旋舞
(覚醒後)
属する陣の戦闘時、味方が与えるダメージがアップ、数値は元のダメージ×(味方の歩兵兵種の比率×20%)。味方が受けるダメージ低下、数値は元のダメージ×(味方の弓兵兵種の比率×20%)。集結時は同じ陣の累加可能。アップ/低下するダメージはそれぞれ25%を超えず、低下後の敵方の最終ダメージは元のダメージの10%を下回らない。

玄甘寧の武将覚醒

覚醒の進度軍団や主城などの補正
覚醒進度1・部隊兵士攻撃+15%
・部隊兵士防御+15%
覚醒進度2・部隊兵士連撃+10%
・部隊兵士貫通+10%
・武将武力+1
覚醒進度3・部隊兵士抵抗+10%
・部隊兵士シールド+10%
・遊鈴の効果+2%、錦紗の効果+2%
覚醒進度4・軍団兵士攻撃+10%
・軍団兵士防御+10%
・特殊スキル:錦帆旋舞 獲得

玄甘寧の評価

将星巡行で実装された武力型の武将。「遊鈴」の攻撃力アップ効果は倍率が低そうに見えますが、交戦時に毎回発動するということで戦闘中にどんどん累積していくので最高峰の火力バフになりえます。陣全体に兵種を問わずバフをまくことができる汎用性の高さも考慮すると、このスキルだけで獲得を目指す価値があります。集結時の累加が可能なので、複数名が玄・甘寧を所持していれば累加上限であるマックス火力までの到達が早くなり、そのぶん効率的にダメージを与えることができる点も魅力的。

「錦紗」の効果は貫通抵抗がアップするということで、シールドを無視してダメージを与えてくる厄介な貫通に対するメタとして機能します。未覚醒の段階から貫通抵抗をアップさせることが可能な武将は貴重ですし、単一の兵種で陣を構成していれば高い倍率を誇るので防御面を大きく引き上げることができます。複数兵種を運用しているプレイヤーにとっては恩恵が少ないですが、それでも「遊鈴」のスキルも考慮すると十分に狙う価値があると言えるでしょう。

総じて、どの兵種でも生かせる高い汎用性を持ち、攻防の両面を大きく引き上げることが可能で、単一兵種をメインにしているプレイヤーならさらに獲得優先順位が上がる武将と言えます。

覚醒後の評価

第四段階に到達することで獲得できるスキル「錦帆旋舞」は自軍の兵種が歩兵の場合に攻撃面を強化し、弓兵の場合に防御面を強化するというもの。防御面に優れているものの火力面に物足りなさを感じる歩兵の火力を増強したり、攻撃面に優れているものの防御面に物足りなさを感じる弓兵の守りを強化したりできるので、それぞれの兵種のステータスが低い部分を補うことができる性能と言えます。歩兵もしくは弓兵をメインにしているプレイヤーにとっては安定感をアップさせることができるため優先的に覚醒を目指したい性能となっています。とは言え玄・甘寧が1体しかいない場合の倍率はそこまで高いわけではないので、NPC討伐やイベントなどのソロプレイを意識するなら覚醒の優先順位は下がります。集結で複数名が持ち寄ることで本領を発揮するので、集結を意識するなら優先度が上がると考えていいでしょう。

コメント

コメント投稿の前に利用規約の確認をお願いいたします。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。


雑談掲示板


コメント